「介護口腔ケア推進士」認定試験 一般社団法人 総合健康支援推進協会
お問い合わせ

第4回「介護口腔ケア推進士」試験終了

去る222日第4回の試験が東京と福岡で無事終了しました。

東京は森元先生、福岡は中尾先生の直前講習も好評のうちに終わりました。試験の結果はただいま集計中です。3月中旬ぐらいには合否の通知をお出しすることができると思います。

この試験は、落とすための試験とは考えておりません。要介護者の口腔ケアを安全に、気持ちよく、効率的に行うことで、要介護者が自分の口で楽しく食事ができるようにサポートすることを目的としております。

受験された方は高い意識と口腔ケアの重要性を認識されている方たちばかりです。

全員合格が目標ですが、70点を合格ラインにしておりますが、残念ながら毎回その点数に達しない方がおります。知識の評価試験ですから誠に無念な結果も出てきてしまいます。

テキストさえお読みになれば、確実に合格ラインには達するはずです。

 4月に予定されている介護保険の改正でも「経口維持加算」、名称を変えた「口腔衛生管理体制加算」「口腔衛生管理加算」が大幅に評価されました。直前講習ではこの改正にも若干は触れましたが、次回の直前講習ではもう少し詳しく触れてみたいと思っております。

介護現場でますます口腔ケアが重要になってます。

 次回は614日東京と福岡で第5回の認定試験を行います。ぜひ多くの方の参加を待っております。 また団体受験の申し込みも受け付けておりますのでご利用ください。